エサのコオロギさん!

205084.jpg

爬虫類を飼いだして数カ月。
餌となるコオロギさんのストックも慣れてきた。
最初の頃は、全滅や共食いですぐ居なくなってしまってたけど少しはストック出来るようになったので飼い方について書いてみようと思います。
飼っているのはヨーロッパイエコオロギ。

〈必要な物〉
・プラスチックケース
・新聞紙
・コオロギさんの餌
・水(ペットボトルのキャップ・コットン)
・パネルヒーター


ケースは様子が見えるように、透明なのを使用しています。
その中に、クシャっとさせた新聞紙(隠れ家)を入れて、
水はペットボトルのキャップにコットンを湿らせて水分が採れるように置いています。

コオロギさんの餌は、野菜の残りのキャベツやニンジンを入れたり、キャットフード入れてみたり。
コオロギさん用のエサを入れてみたりと、色々です。

クリアースライダー【ラージ】コバエ防止[昆虫ケース]
クリアースライダー【ラージ】コバエ防止[昆虫ケース]


月夜野ファーム コオロギフード 200g こおろぎ 餌(エサ)
月夜野ファーム コオロギフード 200g こおろぎ 餌(エサ)


水切れしないように、コットンが乾きそうになったら湿らせておきましょう。

パネルヒーターは専用では使ってないですが、アカメカブトのケースの下にパネルヒーターがあるので、その隣にくっつけてコオロギさんのケースを置いています。
大丈夫かな?と思ったのですが、冬でも大丈夫でした。

ケース内が汚れると糞や尿のアンモニアで全滅する事があるため、新聞紙の入れ替えやフン掃除は定期的にした方が良いです!
水や野菜の水分でケースが結露する事があるので、その辺も注意が必要。
結露して下に水が溜まったり、滴り落ちたりする場合は良くないので原因になるものを排除するなりして調整してみましょう。


フタホシコオロギは飼ったことがないけど、ヨーロッパイエコオロギの方が簡単と書いてあったため、ずっとヨーロッパイエコオロギです。
身体の色がベージュ色で真っ黒じゃないので、見た目も私的には良いかなと。
ジャンプ力は割とあるので、逃げられると捕まえるの大変!
なので、逃さないように気をつけてくださいね。

繁殖させて飼う方が経済的だと思うんですけど、自信ないのと手間が掛かりそうなので、私は購入してストックしています。




この記事へのコメント